おすすめ教材

おすすめ書籍

「がん」を学びたいと思っても、どの本を読んでいいのか わからない方へ!
情報学の手法に基づき収集した「がん教育」に役立ちそうな書籍の中から、
がん教育を始めようとしている初心者でもわかりやすい書籍の一部をご紹介します。
■ご意見・ご質問等ございましたら、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

がんを知るための本

子どもと一緒に知る「がん」になるってどんなこと?

著者:林 和彦(東京女子医科大学がんセンター長・中学校高等学校保健科教諭一種免許取得)
発行:セブン&アイ出版(2017/7/28)
対象年齢:小学校高学年~
がん専門医でありながら「がん教育」のために教員免許を取得し、教壇に立って教えていることを1冊にまとめています。がんがどういう病気で、治療はどんなことを行うのか、がん患者の家族にできることは何か、など「がん」について3つの異なる実話に沿ってわかりやすく解説しています。また、予防のためにできること、検診の大切さ、がん教育の必要性についても書かれており、子どもも大人もがんについて理解を深めることができる内容になっています。

最強最高のがん知識

著者:中川 恵一(東京大学医学部付属病院放射線科准教授)
発行:海竜社(2017/8/21)
「がん」は必ずしも怖い病気でも、不治の病でもありません。日々の予防と正しい知識を持つことで、恐れず、慌てず、上手にがんと付き合うことができます。
がんの基礎知識だけでなく、よくあるがんの疑問や間違った思い込みに対して、わかりやすく答えてくれます。2018年、ご自身もがんを経験したがん専門医の中川医師による1冊です。

がんを告知されたら読む本
―がん専門医が、がん患者にこれだけ入っておきたい”がん”の話―

著者:谷川 啓司(医学博士・ビオセラクリニック院長)
発行:プレジデント社(2016/8/19)
「がん」とは何か、を難しい専門用語を用いず丁寧にわかりやすく解説しています。がんの基本的な知識を正しく俯瞰的に得ることは容易ではありません。がんについて正しく知ることでがんへの不安や恐怖心を減らすことができます。たとえがんであっても、治療をしつつ人生を楽しんでいる患者さんやご家族もたくさんいるということを知り、がんとうまく付き合い、できるだけ元気に過ごすために学ぶ1冊です。

ガンとわかったら読む本~専門医が教えるガン克服の21か条~

著者:佐藤 典宏(産業医科大学第1外科講師・外来医長)
発行:マキノ出版(2018/6/20)
がん患者や家族が知っておくべきことを21か条として解説しています。告知時・手術前・手術後でそれぞれ知っておきたい主要なポイントをまとめています。がん治療は、告知後に患者が決断を迫られる場面がいくつもあり、そこでどのような選択をするかによって治療の進展の度合いが違ってきます。より良い選択をするために、役に立つ正しい情報を学べる1冊です。

0歳からのがん教育~かわいいお子さんの将来のために~

著者:笹井 啓資(順天堂大学大学院医学研究科放射線治療学教授)
発行:ロギカ書房(2017/10/10)
「がん」の最大の原因は、生活習慣と感染症です。がんで苦しまないためには、がんにならないことです。そのために、子どもの時からがんにならない生活習慣を身につけることが、がんの予防につながります。お子さんの将来やご自身のために、がん予防の参考になる内容となっています。

がんを知る

著者:山形大学医学部
発行:山形大学出版会(2015/1/30)
「がん」という病気に関するものを網羅し、がん患者さんの不安を取り去るために山形新聞紙上に連載したものを1冊にまとめたものです。がんについて・予防・最新治療の情報だけでなく、様々ながんに関わる情報が多く掲載されています。かなりの情報量で読み応えのある内容となっています。

おしゃべりながんの図鑑 病理学から見たわかりやすいがんの話

著者:小倉 加奈子(順天堂大学医学部附属練馬病院病理診断科先任准教授)
発行:CCCメディアハウス(2019/7/8)
現役病理医が「からだ」と「がん」のしくみを140点の直筆イラストを用いて説明しています。病理診断が実際にどんなふうに行われているかの紹介や、様々な病気の中でも特に病理診断が重要ながんに特化して、病理学的な解説を加えています。かなり専門的な内容も含まれますが、イラストと共にわかりやすく学べる1冊となっています。

がんとDNAのひみつ

著者:生田 哲(薬学博士)
発行:ソフトバンククリエイティブ株式会社(2012/1/25)
「がん」の基礎知識と、がん細胞の発生のしくみ・遺伝子DNAとの関係・がん抑制遺伝子による治療の可能性など「がんとDNA」に特化して詳しく解説しています。

校長先生がんになる

著者:小林 豊茂
発行:第三文明社(2018/10/2)
突然のがん告知を受け、3か月の闘病後、仕事復帰。抗がん剤の影響で髪は抜け落ちていましたが、全校集会で生徒たちを前にニット帽を外し、自らの闘病を通して「がん教育」を行い、NHK『あさイチ』でも紹介され話題になりました。その闘病記とその後のがん教育への取組を記した本です。学校とは学力を鍛えるだけでなく人格形成の場でもあります。がんになり「心の教育」と同時に「命の教育」こそ大事だと肌身で痛感し、がん教育を実践する著者の姿から「命の教育」の大切さを学べる内容になっています。

がん患者の家族・子どもへの接し方を学ぶ本

がんの親をもつ子どもたちをサポートする本
~親のがん、家族の一大事を経験する子どもたちと伴走するために~

編集:有賀 悦子(帝京大学医学部緩和医療学講座教授)/南川 雅子(帝京大学医療記技術学部看護学科)
発行:青海社(2017/6/20)
がんの親をもつ子どもたちとのコミュニケーションや病気の伝え方を、子どもの発達段階ごとに分類して書かれています。子どもとのコミュニケーションにおいては、子どもの日常生活・周囲との関係性・発達段階など様々な視点から理解に努めることが重要です。支えを必要としている子どもたちに関わる様々な方々に読んでもらいたい1冊です。本書後半では、親ががんに罹患している子どものサポートプログラムの実際として、CLIMB®やコアラカフェ®の紹介が掲載されています。

子どもを持つ親が病気になった時に読む本~伝え方・暮らし方・お金のこと~

著者:ポーラ・ラウフ(ハーバード大学医学部准教授・小児精神科医)/アンナ・ミュリエル(ダナ・ファーバー研究所小児精神腫瘍部長)
翻訳:慶應義塾大学医学部心理研究グループ
発行:創元社(2018/4/20)
子どもを持つ親が重い病気になった時、問題になるのが「子どもへの伝え方」です。今までとは違う生活が始まり「子どものために何ができるか」も考えなければなりません。そして何より心配なのが「子どもの心のケア」です。がんに特化してないため病気に関する記述はありませんが、子どもへの告知・心のケア・暮らし方・お金のことについて、子どもの発達段階別に解説した具体的な内容となっています。

親ががんになったら読む本

著者:山口 建(静岡県立静岡がんセンター総長)
発行:主婦の友社(2019/10/31)
がんを告知された親にどう接したらよいか。悔いを残さないために、がんになった親の心の内の理解に役立つ本です。心の内を理解すればコミュニケーションがスムーズになります。患者の気持ちに寄り添うために、不安な気持ちの変化を時間経過や状況ごとに細かく分析し解説しています。高齢者のがん治療についてや、がん患者だけでなくその家族の心理や葛藤も学べる1冊です。

今日から第二の患者さん~がん患者家族のお役立ちマニュアル~

著者:青鹿 ユウ
発行:小学館(2017/5/17)
対象年齢:小学校高学年~
婚約者ががんに罹患した女性の目線で書かれた闘病エッセイコミック。患者家族は患者本人と同様の感情や苦しみを抱くことから「第二の患者」と呼ばれています。病気・結婚・仕事等のことだけでなく、周囲から押し付けられるイメージや偏見に悩み、解決していくお話です。患者家族との接し方の参考になる1冊です。

がんと仕事についての本

がんは働きながら治す!

著者:中川 恵一(東京大学医学部附属病院放射線科准教授)/関谷 徳泰(東京大学医学部附属病院放射線科治療部門医師)
発行:労働調査会(2018/1/30)
日本は、65歳の定年までにおよそ6~7人に1人が、がんに罹患するといわれる「がん大国」です。また、今後も働く人のがんは増えていくといわれ、“がんの治療しながら働く人を支援する”ことは企業においても喫緊の課題となっています。企業における「働く人のがん」の支援について企業側と医療側が知っておいてほしいことをまとめています。大人のがん教育として知っておきたい内容となっています。

子どもと一緒に読める本

学研まんがでよくわかるシリーズ89 がんのひみつ

漫画:田川 滋  構成:橘 悠紀
発行:学研(2013/10/1)
対象年齢:小学校高学年~
あらすじ【小学5年生のヒロトが終業式を終えて家に帰ると、お母さんがあわてて病院に向かうところでした。マリコおばさんががんで入院したらしい。早期の発見だから手術すれば治るっていうけれど、心配でたまらないヒロト。がんは治らない病気なのか?主治医の池田先生に教えてもらうことになりました。】
ストーリーを通して、子ども達にもわかるように「がん」について易しく解説しています。

がん、ってなに?

監修:垣添 忠生(公益財団法人日本対がん協会会長)
著者:吉田 利康(随筆家・NPO法人アットホームホスピス理事長) 絵:吉田 恵子
発行:いびら工房(2013/7/1)
対象年齢:小学校低学年~
あらすじ【のぞみは小学2年生です。お母さんは、のぞみが2歳の時、交通事故で亡くなりました。今はお父さんと2人で暮らしています。学校がおわると電車で2つ先の町のおばあちゃんの家に行きます。ある日、大好きなおばあちゃんが入院することになりました。のぞみは、上級生から言われた「がんかもしれないな」の一言が気になって仕方がありません。 おばあちゃんの入院の日、のぞみはお父さんに思い切って聞くことにしました。】
がんを知り、今を大事に生きる大切さを学びます。
この本は、1人のがん患者さんの「小学生のみなさんに、がんがどんな病気なのか知ってほしい」いう願いから生まれた絵本です。細胞の話など、小学生低学年にはやや難しいページもありますが、「いのち」について考えさせてくれる1冊です。

おかえり!めいちゃん~白血病とたたかった子どもが学校にもどるまで

著者:大見 サキエ/森口 清美    絵:もり くにお
発行:ふくろう出版(2019/4/20)
対象年齢:小学校低学年~
あらすじ【突然白血病となった主人公の小学2年生の女の子。家族と離れ、寂しくて不安な入院生活が始まります。学校生活や勉強への不安も抱きながら、苦しい治療を終え、学校に戻るまでを描いたお話です。】
復学支援やがん教育の教材としての活用も想定し、巻末には、ストーリーの作成意図を解説した「読んで聞かせる人へのメッセージ」を掲載しています。
病気を告げられた時・入院生活・闘病生活の子どもの気持ち、家族の気持ちがどういうものか、どんな不安や苦しさがあるのか、支えや慰めは何か等を表現しており、復学支援やがんを学ぶきっかけになる絵本です。

ママはかいぞく

著者:カリーヌ・シュリュグ   絵:レミ・サイヤール
発行:光文社(2020/3/24)
対象年齢:幼児期・小学校低学年~
あらすじ【ぼくのママは かいぞくなんだ。ふねのなまえは<カニなんてへっちゃら>ごう。もう なんかげつもまえから ママは たからのしまを めざして かいぞくなかまと そのふねで たびをしている。たびから かえってくると ママは いつも とてもつかれているみたい。】
著者は乳がんを患い、幼い子どもに病気についてどう説明しようか悩んだとき、(手術による)傷跡、頭に巻いたバンダナ、(化学療法による)吐き気、強い連帯感のもとに助け合うがんの治療中の女性たちや医療スタッフ、「がん(cancer)」のもう一つの意味「大きなカニ」…闘病はまさしく「海賊」にぴったりだと感じ、この絵本が誕生しました。
この絵本は、暗く重く苦しくなりがちなテーマを明るく、現実に沿って描いてます。子育てしながら乳がんの治療を受けている方、そのご家族はもちろんのこと、多くの方々に読んでいただきたい絵本です。

関連記事

  1. おすすめ教材

    がんについて学ぶこと

    日本人の死因第 1 位は「悪性新生物(がん)」です。1 年で 40万…

最近の記事

Facebook

  1. 2019年冬号

    いのちの授業の実践 〜かごしまの活動〜
  2. お知らせ

    日本うんこ学会、課金の代わりに「観便」するスマホゲームアプリ『うんコレ』を 正式…
  3. お知らせ

    横浜こどもホスピス「うみとそらのおうち」について
  4. 2020年春号

    進歩するがん医療とがん教育
  5. お知らせ

    2020年度 がん教育研修会開催決定(8/8・8/23・10/17・10/18)…
PAGE TOP