mht-user

  1. 2020年春号

    2020年春号について

    ON CANCERとは?単なる「がんについて」という意味だけでなく、がんで健康教育を行う(何かの目的で行う)やがんと共に、がんと一緒に歩む(位置)という意味…

  2. 2020年春号

    中学校がん教育~戸塚福祉保健センターの実践~

    戸塚区民にがん検診を受けてほしい横浜市では、健康づくりの指針「健康横浜21」や、「横浜市がん撲滅対策推進条例」の中で、生活習慣が健康に及ぼす影響に関する知識、…

  3. 2020年春号

    進歩するがん医療とがん教育

    医療の進歩とがん治療の歴史2019年の9月から2020年の3月まで放送されてきた、NHKの朝の連続テレビ小説「スカーレット」最終回を視聴しました。ドラマでは、…

  4. 2020年春号

    AYA世代のがんを経験して~今、伝えたいこと

    10代、20代で経験したがんと感じた孤独私は16歳で甲状腺がん、25歳で悪性リンパ腫と20代のうちに違うがんを2つ経験しました。甲状腺がんを発症した1988年…

  5. 2020年春号

    透析患者としてがん教育に期待すること

    透析患者としてがん教育に期待すること私は幼少期より小児腎炎を患っており、大学院生のときに腎不全になりました。その後、透析治療を行いながら学業を続けて大学院を卒…

  6. おすすめ教材

    がんについて学ぶこと

    日本人の死因第 1 位は「悪性新生物(がん)」です。1 年で 40万人近くの人ががんで亡くなっています。1 年間に初めてがんと診断される人はもっと多く、その…

  7. 2019年冬号

    2019年冬号について

    はじめに2020年あけましておめでとうございます!昨年の創刊号をお読みいただきありがとうございました。2号は少しスタイルを変えてお届けします。がん教育の実…

  8. うんコレ

    2019年冬号

    大腸がんの早期発見を目指すスマホゲーム 「うんコレ」

    無関心な人へ医療情報を届けたい  私はこれまで、消化器外科医として大腸がんをはじめとする多くの消化器疾患の手術をしてきました。しかし手術した頃にはがんが進行し…

  9. 2019年冬号

    いのちの授業の実践 〜かごしまの活動〜

    いのちの授業が始まったのは2010年始めることになったきっかけ  がんサポートかごしまは、2007年に発足したがん患者さんとご家族の患者団体です。がん患者サ…

  10. 2019年冬号

    医師主導治験支援事業 肺がん患者による肺がん患者のための治験

    日本肺がん患者連絡会は、西日本がん研究機構(WJOG)と協力し、日本では初の患者発案の『医師主導治験』を進めています!!効果があるかもしれない・・・そんな薬が…

アンケートの回答はこちら

最近の記事

Facebook

  1. 2020年春号

    2020年春号について
  2. 2019年冬号

    医師主導治験支援事業 肺がん患者による肺がん患者のための治験
  3. お知らせ

    横浜こどもホスピス「うみとそらのおうち」について
  4. 2019年創刊号

    鼎談会 医師が「がん教育」を語る
  5. 2020年夏号

    がん教育に願うこと ~がん遺族、元教員の立場から
PAGE TOP