お知らせ

「がん経験者外部講師を活用した講義」の募集

神奈川県がん患者団体連合会は、本年度かながわボランタリー活動推進基金21に選出され、神奈川県教育委員会、がん疾病対策課と協働し、がん経験者の外部講師として歩みを進めています。
つきましては、下記要項にて「がん経験者外部講師を活用した講義」のご依頼を募集いたします。

募集要項

がん経験者外部講師によるがん教育とは?

乳がん・悪性リンパ腫・大腸がん・肺がん・GIST(希少がん)など様々な患者・家族(30代~60代)が研修を積み、15名ほど在籍。がん教育の目標・自他の健康と命の大切さを主体的に考えられることに向け、経験談をお話します。
具体的な内容は、
①がんになったときの気持ち
②がん=死ではなく、がんになっても働くなど、生活の質を維持しつつ、自分らしく生きることができること
③周りの人の言動でうれしかったこと、悲しかったこと
④ありふれた日常が、かけがえのない時間であること
などがあります。
「語り」の効果で、生徒たちががんを「自分ごと化」し、深い学びにつながるよう、努めています。

一般社団法人 神奈川県がん患者団体連合会とは?

神奈川県の14のがん患者団体の連合組織。理事長・天野慎介。本年度、神奈川ボランタリー活動推進基金21に採択され、神奈川県教育委員会、がん疾病対策課と協働。がん教育の充実に貢献していく所存です。

実施日時 令和2年度3月末まで
募集数 10講義
※学年単位、クラス単位どちらでも対応可能
対象 神奈川県内の小学校・中学校・高等学校
実施方法 対面式・オンライン
※どちらでも対応可能
依頼方法 ①神奈川県がん患者団体連合会事務局にメールでご連絡ください。
office@kanagawa-kenganren.jp
・学校名・生徒数・対象学年・希望開催日時・連絡先(ご担当者・電話・メールアドレスなど)をご記入ください。
②事務局より返信
日程調整し、打ち合わせに伺います。ご要望に合わせ、講師の選定、内容を構築します。
※がん教育を行う上で、外部講師による見学、生徒へのアンケート(講師の技術向上を目的とする)をとることをご了承願います。
募集締め切り 令和2年10月31日
(2次募集も行います。その締め切りは、令和3年2月15日)
謝礼 不要
お問合せ 一般社団法人 神奈川県がん患者団体連合会
メール:office@kanagawa-kenganren.jp
長谷川 一男(電話:090-8485-7898)
松沢 千恵子(電話:090-4029-0207)
※実践例や外部講師の紹介冊子「知るからはじめるがんのこと~未来のために伝えたい~」をお送りすることも可能です。
是非お気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. お知らせ

    2020年度 がん教育研修会開催決定(8/8・8/23・10/17・10/18)

    「子どもたちに伝えたいがんのこと~未来につなごう 明日への希望~」 …

  2. お知らせ

    横浜こどもホスピス「うみとそらのおうち」について

    ●横浜こどもホスピス「うみとそらのおうち」2021年度の開設に向けて…

最近の記事

Facebook

  1. 2020年春号

    透析患者としてがん教育に期待すること
  2. 2019年創刊号

    がんを教えること ~教育現場では~
  3. 2019年創刊号

    鼎談会 医師が「がん教育」を語る
  4. 2019年創刊号

    がん教育 がん患者外部講師としてできること
  5. お知らせ

    2020年度 がん教育研修会開催決定(8/8・8/23・10/17・10/18)…
PAGE TOP