お知らせ

神奈川県がん患者団体連合会(理事長:天野慎介氏)が発行する 『知るからはじめるがんのこと~未来のために伝えたい~』 がん教育ハンドブック外部講師(がん経験者)の紹介冊子ができました!!

神奈川県がん患者団体連合会(理事長:天野慎介氏)が発行する
『知るからはじめるがんのこと~未来のために伝えたい~』
がん教育ハンドブック外部講師(がん経験者)の紹介冊子ができました!!

文部科学省より2016年に公表された「外部講師を用いたがん教育ガイドライン」には「健康や命の大切さをねらいとした場合は、がん患者やがん経験者による指導も効果的と考えられる」とあります。
それを受けて、さまざまながんを経験した外部講師たちをここにリストアップ。
さらに依頼の仕方や授業の構成などをこの1冊に盛り込まれています。
どういったがん経験者に外部講師を依頼したらいいのか?という問いに答えてくれる一冊です。

この冊子に関するお問い合わせは神奈川県がん患者団体連合会
http://www.kanagawa-kenganren.jp/
メール:office@kanagawa-kenganren.jp まで。

関連記事

  1. 2019年創刊号

    がん教育 がん患者外部講師としてできること

     神奈川県横浜市に住む長谷川一男(48歳)と申します。肺がんに罹患した…

  2. お知らせ

    「がん経験者外部講師を活用した講義」の募集

    神奈川県がん患者団体連合会は、本年度かながわボランタリー活動推進基金2…

  3. お知らせ

    2020年度 がん教育研修会開催決定(8/8・8/23・10/17・10/18)

    「子どもたちに伝えたいがんのこと~未来につなごう 明日への希望~」 …

  4. 2019年冬号

    小学2年生の子を持つ 親として思うこと

    あとがき 親になり、教育ということについて改めて考えるようになりまし…

  5. お知らせ

    横浜こどもホスピス「うみとそらのおうち」について

    ●横浜こどもホスピス「うみとそらのおうち」2021年度の開設に向けて…

  6. 2019年創刊号

    がん経験者・医療者・行政・教員以外の私が、がん教育について思うこと

    私は主にデータに基づくがん対策を考えて、それらのプロジェクトをマネジメ…

最近の記事

Facebook

  1. 2019年冬号

    いのちの授業の実践 〜かごしまの活動〜
  2. 2020年春号

    AYA世代のがんを経験して~今、伝えたいこと
  3. 2019年創刊号

    産婦人科医として子宮頸がん予防に思うこと
  4. 2019年創刊号

    鼎談会 医師が「がん教育」を語る
  5. 2019年創刊号

    がん経験者・医療者・行政・教員以外の私が、がん教育について思うこと
PAGE TOP